NEWS

反り戻し方法

板は、木が反ると書くように使用環境によって反りがでてくることもしばしば。反りの原因は表裏面の水分量の違いによっておきる自然現象の一つです。反り戻しは下記をご参考になさってください。

★反り戻し方法をお試しくださいませ。
0:両面を濡らしてお使いいただくうちに反りが直ってきます
1:板の表裏の水分量の違いから発生しますので、裏表、上下を逆にして置いてみてください
2:凹面を下にして、その下に濡れ布巾を敷いて使用する(まな板が動かず安定感が出るほか、凸面よりも水分量の少ない凹面に水分を持たせることもできます)
3:凹面を濡らし、凹面を裏にして置いて立てかけておくと戻ります
4:凸面を上にして重し(本など)を置く
5:高温アイロンを凸面に当てる。アイロンを離すと逆反りするのでフラットに戻るくらいになるよう、当てすぎ(熱の入れすぎ)に注意です。乾燥させすぎると割れてしまうこともございますのでご注意ください。

★お願い
板の反りは上手にコントロールしながらお使いいただけますと幸いです。自然素材のよさも充分ご堪能いただけますが、人にとっての不具合(デメリット)もございます。どうか大らかなおつきあいをいただけますようお願いいたします。

★ヒバラボのまな板は削り直しを無料で承っております。往復の送料はお客様ご負担にて下記まで送付くださいませ。弊社まではお客様の元払いにて、削り直し後は着払いにてお届け致します。
↓下記よりご依頼いただけます
https://t-factory-shop.net/items/629827502bf9013ba8e0d0af

まな板は使わないと反りなどがでやすいので、
しばらく使っていただくとよろしいかと思います。

削り直すと板の厚みが薄くなり、反ることがあります。
焦らず、上記の方法をお試しください。
「ホントだw 戻った」というお声を多数いただいております!

また普段、洗った後に立てかける方向を表裏/天地を変えて置いておくのも反り予防になります。

ご心配なことなどございましたら(hiba-lab@t-factory-shop.jpまで)
お声掛けをお願いいたします。

ヒバラボ スタッフより